こんにちは!R+house秋田北です
今回は高気密・高断熱について書きたいと思います


50




高気密・高断熱、皆さんなんとなく言葉から意味は分かると思いますが、じゃあ高気密・高断熱ってどういうこと?どんなメリットがあるの?と聞かれたら答えられますか?
今回は高気密・高断熱について詳しく書きたいと思います(^-^)

高気密・高断熱とは、一言でいうと魔法瓶です
家が魔法瓶のように保温に優れ、温かさが逃げにくなっています。

温かさが逃げにくいという事は夏は暑いのでは??と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
皆さんご安心くださいそんなことはありません

温かさが逃げにくいという事は、冷房をかけたときの涼しさも逃げにくという事です
また、R+houseでは計画的な換気、窓の位置・ひさしの長さを考えて設計することで、家の中に風の通り道ができ日光も遮蔽してくれるので夏も涼しく過ごすことができます
冬と夏の日差しは角度が違います
冬には日光が部屋に入るよう設計されているので、冬も日光の力で温かく過ごすことができます

少しのパワーで暖まりやすく涼しくなりやすいので、光熱費の削減にも繋がります


もう一つ大事なことがあります
どうして高気密であることも必要か、皆さんわかりますか?

もし気密性が低かったら、家が隙間だらけという事になりますよね
隙間だらけだったら外の空気が家の中に入ってきたり、逆に家の中の空気が出て行ったりしてしまいます
冬にはせっかく温めた空気が外に出て行ってしまったり、冷たい空気が入ってきてしまったりと、せっかく断熱性能が高くても意味がありませんよね

また、隙間風が入ってくることで上手に風が通らなくなり、計画換気が難しくなってしまいます

だから高気密・高断熱はセットで大事なのです

でも、「高気密です!」と言われただけではどのくらい高気密なのかわかりませんよね
気密性を図るためにはC値という値があります
数値が低ければ低いほど家の隙間も少ないという事です

基準は、1未満
C値測定をやっているところであれば一般的には0.7未満くらいです
R+houseは0.5未満を基準に建築しています

C値の測定は義務ではないので、家を建てる時にはC値を確認することも大事になっています


高気密・高断熱にすることで家の性能が上がり、省エネにも繋がります
せっかく家を建てたのだから、長く住みたいし、日々のランニングコストも抑えて住みたいですよね

日本の住宅の寿命(建て替えまでにかかる時間)は、30年といわれています
外国の住宅は50~70年なのでどれほど短いかわかりますよね
しかも30年といえば、まだローンの返済中だと思います
家を建てたローンの返済中に、さらに建て替えのためのお金もかかってきてしまうなんて、そんな大変なことはありません

家の性能が良ければ、家の寿命も延びるし、日々の光熱費も抑えられます
それほど、高気密・高断熱は家を建てる際には大事なのです


それでは、高気密・高断熱についてわかりましたでしょうか?(^-^)/
疑問や質問がございましたらお気軽にコメントしてください




Facebookはこちら
FB-f-Logo__blue_444



HPはこちら
HPlogo