こんにちは!R+house秋田北です

今回も前回の続きで、フローリングに使われる樹種を紹介したいと思います

今回はバーチ、くるみを紹介いたします

バーチとは、樺のことです
シラカバなどがありますよね

くるみは英語ではウォールナットといいます
実は、フローリングに使う際には名称が日本語と英語とで全く別物になるのです
基本的に日本語のものは国産やアジア産のもの、英語のものは北米あたりが生産地となっています

では、それぞれ紹介いたしますね



バーチ(樺)
IMG_0864


・木目が優しくきめ細やか
・足踏みが柔らかい→体育館やダンスフロアによく使われます
・白っぽい茶色
・加工がしやすい


ウォールナット
・黒っぽい濃い茶色
・とても落ち着いた木目
・固い
・高級感がある


くるみ

・ウォールナットより淡い茶色
・ウォールナットより若干柔らかい
・くるいが少ない
・表面仕上げが美しい





フローリングに使われる無垢材にはまだまだいろんな種類があります
他にも紹介してほしい樹種がありましたらお気軽にコメントしてください




Facebookはこちら
FB-f-Logo__blue_444



HPはこちら
HPlogo