皆さんは結露で悩んだことはありませんか?
私も賃貸で暮らしていたときは、ガラスにシートを貼ったり、下に布や吸水シートを置いたりと悪戦苦闘してました。
汚れやカビの原因になるのでなんとかしたかったんですよね。


もし、高いお金を出して買った・建てたお家で窓の結露が発生したら…?

そこで今回は、【窓】についてです。
特に秋田で必要な窓の性能値もお伝えしています。
夏は涼しく、冬は温かい快適なお家にするために、絶対におさえておくべき内容ですので、
ぜひぜひ最後までご覧ください。


暑さ・寒さの原因は窓?

R+houseMH_千葉県(幕張)_軽_28


結露を防ぎ、省エネな住宅にするには「窓」が重要です。



image001
YKK樹脂窓シリーズカタログより抜粋>


このイラストを見ていただくと、
いかに窓から熱が出入りしやすいのかが分かると思います。

実に、夏場は室内に流入する熱の74%は窓から侵入し、
反対に冬場においては室内で暖められた熱は半分以上の52%が窓から損失してしまいます。

窓には断熱材がないので当然ですよね。
結露の原因のひとつは窓の性能が悪いからということです。

熱が出入りするということは、エアコンの効きにも影響します。
外壁と比べると薄いので、外の空気の影響を受けやすいんですよね。

窓の性能は家の快適さに直結します

窓の性能を高めると以下のメリットを手に入れることができます。

・熱損失が少なく、夏は涼しく冬はあたたかい室内環境。
・窓部分において外気温と室内温度の差が小さくなることによる結露の予防


ではどの窓を選べばいいのか?

窓には、アルミ製・アルミ樹脂複合製・樹脂製・木製とあります。

R+house秋田北で採用しているのは「樹脂サッシ」です。
さらに「ガス入り」です。


ポイントは「樹脂窓」

では樹脂窓の何がいいのか。
樹脂窓はその名の通り、フレームが樹脂で作られています。
index_img_02

<YKK「樹脂窓って何?」より>

樹脂はアルミに比べ、熱が伝わりにくいので結露を防いでくれます。
アルミの熱伝導率は 200W/mK ですが、樹脂の熱伝導率は 0.17W/mK です。
アルミに比べて樹脂は約1,000倍も熱を通しにくいということです。

また、ガラスの枚数も1枚でなく、2枚以上のもの(Low-E複層ガラス)がオススメです。
サーモグラフィーで見るとわかりやすいですね。

index_img_04

ガラス1枚に比べ、約4倍も熱が逃げにくいのです。

このように窓の断熱性能を高めると一年を通して省エネで、快適に過ごせます。


さらに、ガラスとガラスの間にアルゴンガスクリプトンガスを注入することで、
より断熱性能が上がります。

窓の枚数や大きさにもよりますが、そこまで大きく予算が跳ね上がるわけではないので、
R+house秋田北では樹脂窓のガス入りをオススメしています。

ガスと聞くと、抜けていかないの?と思う方もいらっしゃいますが、
通常の暮らしにおいては全く問題ありません。


ヒートショック対策にも

image001

暖かい場所から急に寒い場所へ行くと、
急激に血圧が上昇し心臓発作や脳血管障害を引き起こすことがあります。
この身体の変化のことを「ヒートショック」といいます。

樹脂窓を採用することで、部屋間の温度差を極力少なくできます。

寒冷地の秋田だからこそ、ぜひ採用してください。

その他にも、お家の性能が高いと疾病リスクを下げることができます。
家族の健康のためにもなりますし、医療費の低下にも繋がります。
こちらのブログで触れていますので、気になる方はご覧ください。


R+house秋田北 家づくりブログ
「家族の健康は「賢い家づくり」で手にすることができる⁉秋田で家族が健康になる家をつくるには?」


オススメの樹脂窓

窓の大切さをご理解いただけたでしょうか?

R+house秋田北で標準採用しているのはYKKのAPW330・430シリーズです。
窓と言えばYKKですよね。

APW-01

APW430のほうがガラスが3枚でより高性能です。

もちろん他メーカーの商品もありますが、
秋田で選ぶなら熱貫流率が少なくとも1.31以下。
できれば、熱貫流率が1.0を切るほうが望ましいです。

例えばすべての窓がAPW430が理想ですが、予算の問題もありますので、
大きい窓や、裸になるような場所の窓だけでも採用したいものです。

R+house秋田北では、会社選びのコツや、お家の性能をUPさせるための知識を皆様にお伝えする
「後悔しないための勉強会」を開催しております。
10月24日(日)に開催しますので、気になる方は下記のリンクをチェックしてみてくださいね。